tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

室町フォトガレリー  



”室町フォトガレリー”
とはタムタムデザインが進める空きビル再生プロジェクト「室町シュトラッセ」の2階、シェアオフィスの廊下にて常設展示する写真展です。

北九州を中心に活動するフォトグラファー達の作品を展示して頂きます。

テーマは「北九州の◯◯」

このディレクションをお願いしたはuruphotoの吉永真利江さん。

ギャラリー名をどうするかを2人で打ち合わせした時に僕が提案したのは、地方×廊下で「廊下る(ローカル)ギャラリー」でしたが真利江さんからは即座にディスられました。学生レベルの上にオヤジ臭いから止めてくれと。(我ながらに良いネーミングと思いましたが即座に拒否反応が出たのでへへッと笑って流すという)

室町シュトラッセはドイツ語の「通り」です。ビルオーナーのご親族がドイツで活躍されているのでドイツ語を拝借しました。そこでギャラリーをドイツ語でなんというか調べると「ガレリー」。そこから「室町フォトガレリー」になりました。

真利江さんもご満足の様子で決定。

そして重要な額の中の写真たち、真利江さんのオフィスでチラ見させて頂きましたが、いやー本当に鳥肌もの。顔がニヤけるくらいクオリティ高くて凄く楽しみです。

写真家8人による北九州の写真展、公開は8月28日です。

お楽しみにして下さい。

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




Posted on 01:06 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 0

OPEN HOUSE  



いや~年度末、もう死ぬかと思うくらいバタバタですよ……なんやかんやね、各現場の検査日の調整やら、軽微や計画変更やらやら。

んーもう、やっぱり事務仕事はテンション上がらず…(スタッフに任せてますけど)

さて、その中でもやっぱり竣工完成というのは嬉しい出来事ですよね。いつも思うのは「ご褒美」的な感じです。お施主様と打ち合わせすすめ、思い描いたデザインが具現化されてこの世に産まれる瞬間。たまりませんね~。

そんなスキップしたくなるテンションでOPEN HOUSEを開催しました~




お施主様のセンスも良く、「アートパネルを飾りたい」というご要望から出来たこの空間、設計も楽しく出来ました。

竣工写真撮影も終え、これはスナップ写真撮影中~↓


カメラマンはいつものcamekitiさん。
この人、オモロイよ。何というか、カメラだけじゃなくモノのオタクですね。

さてさて、写真の仕上がりが楽しみです。

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/


Posted on 00:57 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 0

CASA GRAIN OPEN HOUSE  



オープンハウスを開催します。
4月4日(金)13:00~15:00
CASA GRAIN(旧内山パークビル)201号・302号
北九州市小倉北区中津口2丁目1-4

オーナー様のご好意によりオープンハウスを開催する事となりました。202号室と301号室の2戸です。実は入居募集前に入居が1件決定し、入居日が決まってしまいました。物件にとっては本当にありがたい運びとなっておりますが日にちも少なく、急遽開催となりました。上記の1日間、短い時間だけですが興味のある方、ご参加して頂ければ幸いです。

202号室:1ROOM仕様(床:無垢フローリング・壁:珪藻土)
301号室:2DK-SOHO仕様(仕上同上)

お問い合わせはDM、もしくはコメント頂ければ対応いたします。
よろしくお願いします。


北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/





.

Posted on 18:21 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 0

建築模型  


↑リノベ模型

建築模型の作成途中です。最近は自分だけでは手が回らず地元の建築学生や前事務所の後輩に手伝って貰っています。

模型があると空間構成の検討、採光•照明計画や他にも家具配置の計画に一目瞭然、検討しやすく 問題点の発見が早くなります。

昨年、事務所を開設し家具のデザインなど小さな仕事から始めましたが だんだん計画物件の規模が大きくなっている感があります。本当にありがたい事です。


↑新築模型

開設時からずっと感じている事は物件の大小にかかわらず、人間が関わる建築空間の設計を行うのはやはり非常に楽しくてですね。とことん考え尽くしたと思っても視点を変えてみれば「答え」は決まらず、考えれば考える程に昇華されていきます。

どんなに忙しい時期でも手の抜き様がありませんな 笑

…で。忙しいとは言いつつも昨今の消費税アップにモロ影響している駆け込み需要のおり、来年の春以降はどうなるかわかりませんが……

……宣伝しとこう。。。

当方では住宅•施設•店舗の新築、リノベーション設計を行っております。ご相談はお気軽にm(_ _)m

一緒に空間を作っていき、末長くお付き合い出来るお施主様との、新しいご縁をいつも待ち望んでおります。





北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/








.

Posted on 21:22 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 0

土と人と。左官の本質。  

先日、大前さんという左官職人さんから当方のブログにコメントを頂き、それから連絡を取り合う様になりました。メールのやり取りの中で 凄く興味深い技術、仕上がりの写真を頂き、ぜひ一度お会いしたいと思い、大前さんの元に訪問。



左官の世界、私は建築の設計士としてある程度知っているつもりでしたが、それがまーだまだ。大前さんに会ってからすぐに「左官オタク」の世界に惹きこまれました。


荒壁の材料。九州の土は赤く、関西の土は黄色との事。和室などの真壁は本来、えつり(竹木舞)、荒壁、大直し、小直し、中塗りし、漆喰上塗りと、5~6工程を経て仕上ります。


かき漆喰(奥)と古代漆喰(手前)の違い。かき漆喰は素人むけで仕上りに差が出ないそう。古代漆喰はその反対で職人にとっては仕上げに気を使う分、質感の表現も良い。私も鏝を使って塗ってみましたが古代漆喰の方が手触りを感じました。どちらにしても土メーカーが出している規格品で、上級者になると自然の貝殻や石灰から漆喰を作る事も出来ると話しを聞きました。(奥にあるオカモチ型の道具箱がカワユス。)


珪砂をはらう道具、大前さんの手作りとの事。職人として道具にも自分なりの拘りがあるのは当たり前かも知れませんが、鏝の数も100以上を使いこなしていると。


空いている時間には泥団子を作ったり、不要な鉄筋にラス網を巻いて造形をして遊んだりと、芯から「土」が好きなんだなぁと感じました。

他にも土壁の段差の付け方や鏝絵、色々な手法、表現の話を聞きました。「同僚の職人さんも皆さんそんなに熱いのですか?」と聞くと大前さんは同僚の中でも浮いてるそう。

本来は伝えるべき左官の伝統や技術を土着的に発信して継承していかないと残せない、という少し孤軍奮闘している感にジレンマを感じましたが、九州でのネットワークは広く、熱い想いを持っている職人さん達とは繋がっている話もして頂きました。


これ。衝撃的。さっき泥団子がありましたが、あれが仕上がったモノです。そう、イタリア磨きと言われる仕上げ。

土と漆喰で仕上げてます。フラットな壁に施したものは見た事ありますが、こんな球体にまで出来るとは…手法も聞きましたがあまりの収穫感にここには記さない事にします 笑 もちろんクリア系塗装等は施してません。土と漆喰だけです。

お土産に頂きました。「こんなモノでよければどうぞ~」って…いや、こんなモノ?やないでしょう…立派な芸術品ですよ…

子供の頃によく作った泥団子。その頃の気持ちのまま時代を経て、技術を得るとここまで仕上るという、心から楽しんでいる様子が感じられました。

建材屋さんから取らなくても地場の土地や山から材料は取れますよーと。古民家の解体時に出る土壁の廃棄物も再生出来ますよーと。大工さんが木ならば、左官さんは土。自然と人と至極基本的な「人と建物の関係」を成り立たせる(再構築というべきか)魅力的な手法を大前さんは話してくれました。

左官のイメージがモルタルから「土」になったのは言うまでもなく、私も建築設計士として残すべき伝統、技術にはある種の贔屓をもって表現していきたいなと思いました。

大前さんと一緒に仕事をする日も近いですな。




北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




.

Posted on 23:38 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 1

iPhoneから初投稿  



iPhoneからの初投稿です。
テスト的に行っておりますがもっと早くすれば良かったなと思っております。。(反映されなかったりして)

http://tamtamdesign.net/
ホームページを開設しましたのでお時間あれば覗いて下さい。


北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/

Posted on 21:50 [edit]

category: tamDの建築

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード