tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

大島芳彦  

プロフェッショナル見ました?
ブルースタジオの大島さんの回。

シビれましたね…
建築は人が居てこそ価値がある。



リノベーションの写真は人が多い。それは建築が生きている証拠だからその瞬間を撮影するんですよね。オブ・ザ・イヤーのエントリー写真も人が多いのはそう言う事だと思います。

「カッコいいデザイン」の定義が、僕が建築デザインを目指した20代と、今の時代とは確実に変わってきてる。

建物の大家さんが、入居者さんが、どれだけ愛を持って使う事が出来るか。

大島さんと僕の関係は2011年の第1回リノベーションスクール@北九州で、大島さんがユニットマスターで僕が受講生。当時は僕も独立前、前職の事務所に務めてたので「リノベーションとは?」って模索中でしたが見事に大島メソッドを埋め込まれた感じがしました。「リノベーションの虎の巻」を。

で、ユニットワークの中で僕は大島さんに見初めて貰い「この子はイケる!」とピックアップされ第2回目のユニットマスターをさせて頂く流れに。



リノベーション・オブ・ザ・イヤーの会場で2年連続お会い出来ました。毎年あの会場でお会い出来る様に頑張ろう…

プロフェッショナルでこんなに刺激を貰うとは…ますますモチベーション上がりました。

ホクホクです٩( 'ω' )و

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




Posted on 09:28 [edit]

category: 世間の事

tb: 0   cm: 0

ラグビー日本代表   

ラグビー日本代表、アメリカに勝利し3勝1敗の大健闘。2019年W杯日本開催が危ぶまれる中、南アフリカ戦の大金星がそれを確定付けたとニュースで聞きました。

いや、五郎丸選手の涙に本当に感動…ついついもらい泣きしそうになりました…

あ、写真は高校時代の私です。高知工業高校ラグビー部時代。そう、ラガーマンでした(笑  シマシマのユニフォームで写真中央のボールを持ってない人が私です。

今回の日本代表戦で高校時代の辛さや感動を思い出し、写真を引っ張り出したのです。2年生からレギュラー入りし(人数少なかったから)高知県選抜チームに選出されるもリザーブ(控え)で終えるというこれまた微妙な活躍具合でした(笑
今思えば現在のメンタルのタフさや上下関係のコミュニケーション能力はこの時に備わったものだと心底思います。
試合中は仲間と助け合い、時には喧嘩し、怪我もし、本当に吐くまで走り続け、それでも負けた時には嗚咽が出るほど泣きまくりボロボロになりながらも次の目標に向かって整えるという日々。




がむしゃらにボールを追い掛ける自分。写真をみて思いましたが20年前の自分は今に繋がっています。
スポーツって良いですね。



皆んな何してるかなあ~またラグビーしたくなったよ(…身体がついてこんけど) 北九州 新築 リノベーション タムタムデザイン一級建築士事務所 http://tamtamdesign.net/

Posted on 00:58 [edit]

category: 世間の事

tb: 0   cm: 0

オリンピックエンブレムの事  

オリンピックエンブレムの中止について。
普段は社会的な事は書かない様にしていますが今回ばかりは目に余り私見を述べたく…

佐野氏の申出により取り下げられ、白紙に戻す事になったこの展開。佐野氏のコメントは「限界状況。家族や関係者を守る為。」との事でした。

この一連の出来事、一言で言うと「日本人として恥ずかしい」ですね。

佐野氏のパクリ疑惑がどうのでは無く、吊し上げ方の民度の低さ。過去デザインの揚げ足取りへの執念。FacebookをはじめとするSNSでのシェアの数々。それに対するコメントの中身の無さ。なんだか本当に悲しくなりました。。。メディアもスタジアム白紙の文科省の失態を消すかの様な勢いで扱い。
いつから日本人って揚げ足取りの民族になったのか…。私も含め、自分の事ですらままなら無いのに 吊し上げに躍起になり、全くの無関係者を装い「パクリ!パクリ!」と囃し立て、自分の国の事を吊し上げている。他国から見れば本当に恥ずかしいと思わないのか?

今回の件で重要なのは国が掲げたエンブレムが適正にデザインされ、選定されたかどうかだと思う。佐野氏の人格や佐野氏の過去デザインも関係ありません。サントリーのバッグ?多摩美の広告?関係無いですよね。原案のパクリ元?関係無いでしょ。修正プロセスで消えて補正されて最終的にオリジナルになっとる。

IOCの判断は「通常の国際的な登録商標の確認を行った。問題はないと判断している。」との事。これが全てだと思う。認定には世界で商標登録された何百何千とあるロゴマークから似た物、模倣の可能性の有無など厳しい審査を受けて認定されます。商標登録もしてい無いベルギーのリエージュ劇場のマーク?なんか全く関係無い。今回の件で注目も浴び、勝ったと思われ喜ばせただけでこれまた本当に悔しいばかり。正当に登録申請し、認定され発信しているのは佐野氏のデザインした日本発のエンブレムです。

あまりに簡単に誰もが発信できるこの状況で、簡単に人を傷付けてしまう。「限界状況。家族や関係者を守る為」とコメントしている中、もし、もしも佐野氏や佐野氏の関係者が自害されたり、心無い者から傷害を受けようものならそれは揚げ足取った人達、SNSで発信、シェアした人達、コメントで助長した人達の責任だと思います。

佐野氏は知り合いでも何でもないんですが。この状況を何とか耐え忍び、今後も国民からぐうの音も出無いほどの素晴らしいデザインを生み出して欲しいと切に願い、応援したいと思います。

佐野さん、頑張れ!(会った事無いけど。)


北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/



.

Posted on 22:24 [edit]

category: 世間の事

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード