FC2ブログ

tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016 総合グランプリ  

12月15日に東京大学でリノベーション・オブ・ザ・イヤー(ROY)2016の授賞式が開催されました。

初めての東京大学でドレスコードもしっかり設定され、タキシードをバシッと決めて赤門をくぐる。レッドカーペットを敷いた会場は華やかだし、とても気持ちが良い授賞式となりました。テンションもグッと上がります。





審査員長の島原万丈さんが各部門別の最優秀賞受賞者の名前を呼ぶ際にもドラムロールが流れ、誰の名前を呼ばれるのかもドキドキ。(弊社の名前は呼ばれず)

続いて審査員の方々が特別賞の受賞者の名前を呼ぶ時にも次々とドラムロールが流れ、またここでドキドキ。。(弊社の名前は呼ばれず。。)

特別賞の後の総合グランプリまで発表の長いこと長いこと。。そこまでの軽い総括や理事の方々に予想を聞いてたりと、私の落胆度合いは深くなるばかり…隣に同席していた九州組みのメンバーも「?あれ?タムさん?」みたいな変な空気が流れるなど。私は特別賞か部門別最優秀賞かと思ってたので…〈あれ?タムタムって呼ばれんやん…いや~武部さん(事務局)連絡ミス?必ず来て下さいって言ったのにぃ……本当に呼ばれんの?東大まで来てタキシード借りちゃったよぉ…〉

って本気で落胆してました。


そしてドラムロール。。。。
ダダダダダダダダダ…ダン。

「タムタムデザインのアーケードハウス!」

ゾワワ!!(鳥肌が総立ちする音)
まさかまさかのタムタムデザインが呼ばれました。



全国からエントリーされた161件の中で最優秀賞にあたる総合グランプリ。
一度リセットされた気持ちから頂点マックスになり、同時に熱いものが込み上げて来ました。頭が真っ白になり考えていたものが吹っ飛ぶ。純粋に嬉しい感情って高ぶりを越すと本当に声が出ないんですね。一生懸命に気持ちをおさえました。言葉にならない声を出しながらさっきの武部さん(事務局)対する思いを語り、何を話してんだ?と自分で思い。

施主のIさんご家族の顔が浮かびました。工事をしてくれた宮本さん方の顔も浮かび、審査員の方々が絶賛してくれた写真を撮ったフォトグラファーのcamekitiさんの顔も浮かび。



話したい事は沢山ありましたが最後に出せた言葉は

「リノベーションは街を変えると思います!」

なんとか渾身の想いだけは告げ、壇上を降りました。

総合グランプリを受賞した事で色々な方々からお祝いの言葉やお花を頂き、本当に感謝感激です。改めてお礼を申し上げます。

そして改めて協議会の事も考えてみました。

リノベーション住宅推進協議会は既に800近い企業が加盟する団体。加盟する企業は不動産、施工会社、設計事務所に留まらずメーカーや商社も含まれます。

このリノベーション・オブ・ザ・イヤーの過去の各受賞者を見ると設計施工会社が多く、設計事務所はかなり少ない。しかしながら第1回と第3回のグランプリであるブルースタジオさんや今回4回目の弊社タムタムデザインは設計事務所です。

協議会の加盟企業をみても圧倒的に設計事務所は少ないようで、この事実を考えてみたところ「設計事務所こそ協議会に必要だ」と思いました。

昨年弊社が頂いた特別賞は団地リノベのプロジェクトでリーシング、施工、設計とチームによる受賞プロジェクト。そしてチーム全社が協議会の会員です。これは質の高い情報共有している協議会の最たる例であり、想いのベクトルも共有出来た結果です。

授賞式後の望年会にて「注目するリノベ会社16社」にも選んで頂き、そこで話そうと思っていた弊社のテーマ「コンバージョンで不可能を可能に!」は遵法した用途変更こそクライアントを守り、社会を変えるリノベーション手法と思っていたので、その話をここでもさせて頂きます。

餅は餅屋という言葉通り、不動産(賃貸、管理、仲介)に強いリノベ会社もあれば施工に強いリノベ会社もある。他にも飲食、物販、旅館業、あらゆる業種にも卓越した専門のリノベ人や会社があります。協議会はその人達を一気に凝縮し繋ぎ合わせる為の強力な「器」として感じており、昨年の団地リノベはそれを強く実感させるものでした。

そして私ども設計事務所は主に建築基準法や消防法に精通して、時には介護保健法や旅館業法にも容易にアクセスでき、それを用途変更などの確認申請業務としてクライアントに還元出来ます。そして機能美としてのデザインにも精通して魅せる形を造る事が出来ます。

今回の「アーケードハウス」も店舗から住宅へのコンバージョン。住まいも商いも場所さえあれば何でも出来ますがハードルとなるのはあらゆる条例や法規がかけられた遵法です。その上にデザイン性で魅せる事が出来れば、どんなプロジェクトも確実に発展します。

遵法は「社会」に対してクライアントの生活や事業が繁栄する為の必要基盤であり、デザインは「地域」に対して安全で豊かな繋がり、コミュニティ形成をもたらす基盤になります。

そう考えると設計事務所は様々な人や会社が行うプロジェクトがスムーズに進行させる為のいわば「社会と地域の潤滑油」と言えるなと。

そしてリノベーション住宅推進協議会はそれを見事に凝縮させた「器」。弊社は2015年7月に正会員となりましたが見事に潤滑油として馴染んでいます。それが昨年からつづく評価に繋がっていると思います。

それを踏まえて声を大にして言います。リノベーションに興味のある設計事務所の皆さま。リノベーション住宅推進協議会こそ設計事務所としての力が存分に発揮できる場所です。そして地域や社会はその潤滑油の成功があれば確実に変わっていきます。ぜひオブザーバー参加でも良いので各種イベントに参加してみて下さい!

気が付けばかなり長文になりましたが最後に審査員長の島原万丈さんから言われた一言

「次は追われる立場だからね!」

…重い…重過ぎる…(꒪⌓꒪)吐きそう…

でもグランプリ受賞をあまり深くは考えず、今まで通り「正しいと思う事を正しく進める」を続けていきます。

弊社の永遠のテーマ
「成長する建築・空間」
よければHPもみてあげて下さいませ。

読んで頂きありがとうございました٩( 'ω' )وイエイ

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/


スポンサーサイト

Posted on 08:16 [edit]

category: 受賞

tb: 0   cm: 0

田川伊田駅改修 プロポーザル勝利٩( 'ω' )و  

やりました!!!\(^o^)/
田川市の公募「田川伊田駅舎活用計画策定等業務委託」のプロポーザルに勝ちました!!エントリーしたのは全3団体。(新聞参考)


↑真ん中が僕です

駅舎の改修設計業務とリーシング業務がセットになった公開型プロポーザル。我がチームは田川市の伊田商店街振興組合さんを代表とする弊社タムタムデザインとの共同企業体。

伊田+タムタム(ITA+TAMTAM)の「I-TAM」がチーム名。

ここ1カ月、田川に訪問を繰り返し、街の歴史、産業、文化、特産品など知識を吸収して、商店街の江頭理事長はじめチームメイト、商店街の方々とディスカッションを繰り返し、同時にコンテンツ、建築提案書、を皆で夜な夜な追い込みかけて、何度もプレゼン練習した甲斐がありました(T_T) ウチだけのコンペとは違い、チームでのプレゼンってホントに緊張しました。。手に汗べっちょり

いやーホントに嬉しいです。。。

この公募の良いところは駅舎を解体して開発するのではなく、今ある駅舎を活かし、まちづくりに繋げることを主旨としている事。先人を敬愛する田川市の魂そのものですね。商店街に則した活動をしているウチにとっては専門と言ってよいほどの内容でした。

さ、とにかく今からです。全国発信が出来る様にチーム一丸となって遂行します!

この度、伊田商店街振興組合さんを繋いで頂いた田川ブランドラボの金子さん、藤江氏魚楽園の藤江さん、良いご縁を頂き本当にありがとうございます!

とにかくバンザーイ!\( 'ω')/

審査結果↓
http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/keizai/page_1825.html?pg=1&type=list

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/

Posted on 01:09 [edit]

category: 受賞

tb: 0   cm: 0

福岡県美しいまちづくり建築賞受賞  

福岡県美しいまちづくり建築賞の理事長賞は先日が授賞式でした!

賞を獲得する為に仕事をしている訳では無いですが、まちづくりと建築に携わる自分の仕事を評価して頂いたのは本当に嬉しいです^o^

自分の仕事がお施主様を通し、まちづくりと景観美観に貢献していると認めて頂いたような事で。設計者として本当に感無量です…


公社の皆様、チームR、当社スタッフに感謝です。今後も自分の仕事が世の中の役に立つよう、精進して参りますので引き続きタムタムデザインをご愛顧ください(`_´)ゞ

写真は左から施工者の福谷さん、真中は施主の福岡県住宅供給公社の理事長殿、右が私。

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




Posted on 08:37 [edit]

category: 受賞

tb: 0   cm: 0

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015受賞!!!  



全国からリノベーションの強者達が今年1年の自信作をエントリーする「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015」にノミネートされ、さらに特別賞を頂きました!!チームRで勝ち得たプロジェクト、当社で設計したので私が頂きましたが、チームの賞です!



↑左はグランプリを獲ったブルースタジオの大島さん。真ん中は審査員長の島原万丈さん。(大島さんはカンブリア宮殿にも出演してた凄い人なんですよー)



↑去年グランプリを受賞した協議会の会長でもあるリビタの内山さん。
顔ちっちぇー…めちゃカッコいいー…カッコいいーよ…



↑授賞式の様子。レッドカーペットにて。第3回目ですがエントリー作品のクオリティもどんどん上がってきており、リノベーション界のカーオブザイヤーにしたいと審査員長の島原万丈さんは言う。受賞する姿勢も問われる様な感じがしたのでタキシードを着ました。(本当はアポロ計画の松山アニキに「着ろ」と言われたんですけど) いやー着てよかった。本当に気持ち良かったです。

賞を取るために仕事をしてる訳ではありませんが、自分の仕事の先には社会があり、社会(しいては自分の子供に向けて)良い世界にしたいという思いがあり、この賞を獲った事で今後の仕事の影響力が少しでも強くなるのであれば本当に良い賞を頂いたなと思う訳です。



【受賞プロジェクト】
団地リノベ/コンクリートと無垢の家
施主:福岡県住宅供給公社
チームR:株式会社不動産プラザ、株式会社トーマスリビング、株式会社不動産中央情報センター、株式会社タムタムデザイン
家具:501ファニチャー
撮影:camekiti

そして懇親会で株式会社9の久田さんとツーショット。久田さんのデザイン、好きだなぁー。デザインというか考え方か。いや、デザインもよ。もともとアパレルの業界にいたとの事で呑みながらのデザイン談義がめちゃめちゃ刺激的で。突き抜けてる。はい。そして謎も多い(まったく年齢不詳)大阪に行きたくなりました。(あ、久田さんは大阪の方です)

ここにノミネートされた方々は皆、社会や人間の暮らし方など、強烈に意識して活動しております。

そしてそれは理念とか思想とかよりも何と言うか、肌で感じたのはこの人達、直感で、本能で動いてる動物的な精神の持ち主達だなぁと。

こういう方々と少しでも肩を並べる事が出来たのは自分にとって大事件であり、また自分の伸び代が増えた様に意識も変わりました。(刺激を受けすぎ)

…頭から湯気を出しながら北九州に戻りました。






「僕らが活躍すれば社会が良くなる」




これからも信念を貫いて頑張ります(`_´)ゞ



北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




Posted on 08:07 [edit]

category: 受賞

tb: 0   cm: 0

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。