FC2ブログ

tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「北九州市立大学での講師」  

北九大ひびきのC

この日は北九州市立大学国際環境工学部 1年生(約260人)への講師をさせて頂きました。

テーマは「職業と人生設計」

これまでの人生、「講師をする」事はまったく想定して無かったので何を話すべきかはかなり考えましたが、准教授の真鍋先生から「気楽に、いままでやってきた事をお話して下さい。」と言って頂いたので、私は建築設計に携わる社会人の1人としてお話をさせて頂きました。

特に私が伝えたかった事は、「社会人になっても企業人の前に一人の人間」という事でした。

私の経験談ですが、会社に勤めはじめると仕事の事で身も心も支配されます。

会社と家の往復のみ。好きな仕事で潤っていれば良いですが、必ずしもそうでない社会人が多いのです。

呑んでも会社のグチの話だけで終わってしまう様な生活は嫌ですよね。

そうならない為の心の体制をお話させて頂きました。

まず「気づく事。」

それは前向きに頑張っている人には必ず来る「思考的飛躍」の事です。

実際には皆さん働いて無い訳ですからなかなか理解は難しいとは思いますが、社会人になって

「そーいや、こんな話があったなぁ・・・・」と一人でも思い出してくれたらいいな、と思います。

講義後、ツイッターで知り合った1人の学生さんと学食でカレーを食そうとすると講義を受けて頂いた学生さん達、7~8人も参加してランチミーティングが出来ました。

街を盛り上げる為にはどうするべきか?とか、今の研究活動をどう思いますか?などなど。私の年収も聞かれましたが(笑)

自分達なりに試行錯誤されている様子がはっきりと見え、意識も高く感じました。迷いがありながらも建築とは何か、まちづくりとは何かを探しているようで、今の私と求めている事は大差ありません。実務経験があるか無いかだけの差です。

いやらしい話、私が独立したら「この人材欲しいな」と思える学生さんが多く感じ、北九大 国際環境工学部、将来有望な人材多しです。

若い人たちとのランチミーティング。なかなか良いものでした。


そしてここのカツカレー、カツが2枚(笑)。。。もう胸いっぱい。。。














スポンサーサイト

Posted on 05:28 [edit]

category: 講師活動

thread: 建築デザイン - janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 2

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。