tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

コミュニティデザイナー  

1960010_363897743751535_900717816_n.jpg

日南での活動はしばしばこのブログでもUPしてましたがまだ本質的な部分は綴ってなかったと思います。

油津商店街のテナントミックスサポートマネジャー、サポマネこと木藤亮太さん。全国公募333人から選ばれた「90万の男」と注目を浴びている人です。この金額が給与と思っている人が多く「高額だ」と感じている人も少なくない。

商店街の活性化は全国共通と言ってよいほどの課題であり、地方になればなるほどその現状は顕著。日南市の人口は5万人ちょっと、しかも大学が無いので学生パワーは皆無。人口96万人の北九州での活動を主としている私にはとても不利な状況下にあるとしか言えない。あくまで主観ですが。

私は北九州、小倉の商店街に事務所を構え、街の動きには敏感に感じている位置にいますがやはり「街」とは言え、活動する上では「村」と同じ。良い噂も、特に悪い噂は光速で飛び交う、いわゆる人としての評判が活動の難易度を大きく左右します。

木藤さんと街を歩けばすれ違う人、人、皆がフランクに挨拶をする。昨年7月に着任してから約8ヶ月、木藤さんが街の人と良い関係を築いているのは端々で感じる。全国公募から選ばれたから当然 メディアの注目度も高く、私が出張で出向く度に何かしらの取材を受けているので、この地で活動するには私が言う「村」からプラスαの難易度です。

中心市街地活性化事業にて選出された木藤さんの立場は活性化を担う県外人(外の人)であり、その期待値は計りしれなく、求められる人格は完璧な人格者でなければこの「村プラスα」の地では些細な言動が命とりになる立場にあります。

「サポートマネージャー」からはじまり「地域活性化請負人」や「90万の男」、あるいは「建築家」とも呼ばれたりしてますがいづれも嵌っており、肩書きの多さは木藤さんの活動の幅を表しています。昨年末から私と木藤さんの付き合いが始まり、一番感服する事は木藤さんの「コミュニケーション能力」。この能力がズバ抜けています。出会う前の木藤さんの事はあまり存じないが、おそらくこの能力は幼少期から養われ、持ち合わせていた能力が日南市に来て更に開花したのでないだろうかと。しかも家族とともに日南市に生活の場を移し、この事業の中心で活動するプレッシャーや、綱渡りをするほどの神経を使うコミュニティの場を助長し、または自ら創りだしていく覚悟において、始めに述べた「90万」の委託料は私にとっては破格だと感じます。

責任や覚悟の話はこの事業の委員長である高尾忠志さんの審査講評を読むと、これ以上無い表現をされていますので是非、ご一読していただきたい。

私は木藤さんに声をかけてもらい、日南に「縁」を頂いた事はこの上なく嬉しく、光栄だと感じていますが私は日南市にとって木藤さんと同じ「外の人」であり、この日南市で仕事をすると時には憚れるのでは。という割と稚拙な?思いをもっていました。
一枚目の写真のように私が地域の皆さんにプロジェクトの説明をするのも「この地にはこの役目を担う人材が居ない」と勝手に解釈してましたが人口は少なくともやはり設計事務所は存在し、この街にも建築士会や建築のコミュニティもあり決して私のような外の人でないと遂行できないプロジェクトでも無いのですが、木藤さんの思惑はそうでは無く地元の「若い世代」に注目しているのです。どこの世界、業界にも重鎮と呼ばれる先人たちが存在し、実績や業績があっての現在の街の姿があるのでそこには尊敬や立場を尊重しつつも、新しい時代を切り開く為には地元20~30代の見識を広げる事がとにかく大切だという事。大学生が居ないから高校生にこういう場を経験してもらい、大人が真剣に街の為に活動し思案、苦悩する姿をみて、県外に進学しようともいつかは必ずUターンして力をつけた社会人として、今度は中心となって街に貢献できる人材に育てる事。

1911776_371934882947821_1725833943_n.jpg

この写真は地元の製材所や建設会社、設計事務所の若頭たちと現在東京で設計事務所を開設している日南出身のいづれも30代~40才の集い。この中に私も交ざりました。木藤さんの意図で。2時間程度、プロジェクトの現場を見たりその他の案件場所もみたりと色々と意見を交わし、私はアドバイザーとしての参加でしたがそこはフラットに思考を重ねる事で皆さんの意識も「外の人」から「外の仲間」と思ってくれた様に感じます。

こういった数々のコミュニティを生み出している木藤さん。官と民、地域内の結束の場や異業種の場、近業種、はたまた内と外。現在では週イチ程度も日南に足を運んでいる私ですが、なんだかまんまと木藤さんの手持ち駒になってしまった模様 笑。光栄です。

肩書きの多い木藤さんですが、私が一番しっくりくるのは

「コミュニティデザイナー 木藤」

ですね。

4年の任期ですが見据えている先は10年後20年後、もっと先です。



・・・・さて。私は来週も日南です 笑





北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




.


Posted on 01:46 [edit]

category: まちづくり

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamtamdesign.blog92.fc2.com/tb.php/104-a36dcb8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード