tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

読売新聞掲載されました(´•∀•)  



2月1日の読売新聞朝刊に浅川団地リノベーションの記事が掲載されました。

「団地」って旧来のイメージでは古い建物で画一された狭い間取りで相場より比較的安い賃料から低所得層が住むというイメージがあったかと思いますが、全国から見る団地のリノベーター達は、その量産された安定した質や機能化された居室や敷地内の環境、そこに住むとりまく世代、家族構成からとてもポテンシャル高い住宅郡と位置づけられています。

今ではその良いとこ取りのリノベーション団地住宅が増え、感度の高い人に共感され、その割合はどんどん増えて居ます。

団地建設全盛期の70~80年代では建築や都市に携わる優秀な先人達が考え抜き、ディスカッションを繰り返し、研究し、数々の努力と才能から築き上げた「価値」があります。そういった古いもの程、価値がある。

もう一度価値を見直す事が僕ら世代の役目だとも思います。かつての経済を支えて来た「新築市場主義」は「住む」という本質は新築から生まれるという価値に洗脳された気もします。が、もちろんそんな事はありません。

新築には無い「価値」をリノベーションという手法は時間や素材という要素を軸に産み出す事が出来ます。

皆さんもぜひ「リノベーション」で「新しい価値」を体験してみてください。



↑浅川団地の写真です。現在入居者募集中^o^
【お問合せ】
アパマンショップ折尾店
株式会社不動産中央情報センター
0120-68-0834

北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/




Posted on 00:45 [edit]

category: メディア

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamtamdesign.blog92.fc2.com/tb.php/138-a1a4e4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード