tamtamDESIGNの建築と日々。

「タムタム」って発声すると和むんです。

宮崎から日南•後編  


↑油津商店街付近での岩野さん。

そして木藤さんと鹿屋市の人気建築家、プラスディー設計室の川畠さんとも合流。木藤さんは先日のブログでも紹介した通り全国333人の中から選ばれたテナントミックスサポートマネージャーです。


↑早速、木藤さんの活動プレゼンが始まり、この油津商店街のサポマネ着任時から現在に至る活動を公聴する。

場所がまた商店街の路上っていうのが良いですよね。

サポマネ着任から三ヶ月ちょい、街を歩けば皆さんから声をかけられる木藤さん。活動プレゼンも内容濃く、この街の人からの親しまれ感がそれを裏付けていました。

私も商店街に身を置き活動している者としてその大変さはよく知っております。木藤さんは月収90万の人と言われておりますが、それはあくまで委託料。事務所の維持費や活動経費がどんなに嵩張るかは個人事務所である私もよく分かります。この厳しい予算枠の中で三ヶ月ちょい、ここまで街の人の信頼を得てさらに4年後のビジョンが明確でプレゼン時から全くブレてない芯の強さに惚れ惚れしました。

夜はカマムーさんも合流し5人で油津の夜にダイブ。


↑油津はカープのキャンプ地。商店街の真ん中でパブリックビューイングを堪能。



↑油津は元々漁業の街。美味い肴で建築や街の熱い話と、おっさんぽくくだらないネタでまったり。



↑カープ対巨人、9回表という場面に再び参加。オフタイムの日南市長もいます。木藤さんに紹介して頂き私もご挨拶させて頂きました。



↑野球観戦も含めてはしご6件、しっかり夜の油津を満喫し、木藤さんオフィスにて寝袋就寝。まちづくり合宿的でおっさんだらけの良い夜でした。

壁に貼ってある油津商店街の活性化ビジョンやマインドマップに翌朝二日酔いながらも目を奪われ、しばし熟覧。

4年という任期に対して街とどう関わり、油津の良さを集約して発信させ自走させて行くか。単なる委託料とか契約とかそんな責任では無いモノを感じました。主役は街の人です。マネージャーとして木藤さんが信頼から築き上げようとしているこの方法、土着的で泥臭く、非常に困難が多い方法ですが、この活動が成功し、商店街で活動する全ての人のベクトルが同じ方向を向いた時、恐ろしく発信力のある商店街になるでしょうね。

「そんな事しても何も変わらんよ」

そう言ってる人に正面から向き合う木藤さんの意思の強さは測りしれません。ただ、そう思ってる人がこのブログを見た時に私から伝えたいのは

「今は動かなくていいので木藤さんの活動を見てて下さい。」

と言いたいです。



↑シンパシーを感じた看板。

油津商店街、良いとこです。
また行きます。



北九州 新築 リノベーション
タムタムデザイン一級建築士事務所
http://tamtamdesign.net/





.

Posted on 00:24 [edit]

category: まちづくり

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tamtamdesign.blog92.fc2.com/tb.php/88-baf02c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード